マユライズ

マユライズの化粧水

投稿日:

マユライズの全成分について

マユライズの全成分は以下の通りです——

水、BG、プロパンジオール、パンテノール、ヒドロキシエチルセルロース、ポリアクリル酸Na、アルギニン、カルボマー、グリセリン、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解卵殻膜、グリチルリチン酸2K、オタネニンジン根エキス、ビオチノイルトリペプチド-1、褐藻エキス、ビワ葉エキス、イノバラ果実エキス、シャクヤク根エキス、ワレモコウエキス、トウキ根エキス、ポリグルタミン酸、アロエフェロックス葉エキス、マグワ根皮エキス、クララ根エキス、フェノキシエタノール、メチルパラベン

以上で分かる通り、合成着色料、香料、防腐剤、鉱物油、アルコール(エタノール)などの添加物は全く使っていません。体に刺激の少ない成分ばかりですので、安心して使い続けることができます。

なぜ眉毛が薄くなるのか?

10代の頃はしっかりと生えそろった眉毛だったのに、20代30代と年齢を重ねるうちにいつの間にか薄くなってしまった……。

鏡を見ながら「なぜ眉毛が薄くなったんだろう」と考える人もいるでしょう。

毛の濃さというのはもちろん遺伝による要因も大きいのですが、もともとは濃かったのにいつのまにか薄くなったという場合、メイクが原因だった、ということが多いようです。

メイクのトレンドというのは、時代によって大きく変わります。古い映画や写真を見ると分かる通り、極端な細眉が主流だったり、眉尻が細まった形のものが好まれた時代もありました。

美を追求することに熱心な女性は、時代の流行に常に敏感です。トレンドに乗り遅れまいと、眉毛の形をそのたびに変えてきた人も少なくないでしょう。

形を変えるためには、眉毛を剃ったり抜いたりしなければなりません。つまり、毛を処理する時に眉毛の生えている皮膚に強い刺激を与えるわけです。

実はそのケアが、薄眉の原因になります。

あまりにも度々眉毛を抜くと、毛根はダメージを受けてしまいます。

このことがかえって刺激になって太い眉毛に変わる人もいますが、ダメージが蓄積して徐々に生えなくなる場合も多いのです。

また剃ることも抜くのと同じで、毛根をどうしても傷つける結果になります。

肌が炎症を起こしてしまうとその機能もおかしくなり、眉毛が生えなくなったり、薄くなったりするのです。

マユライズでケアすることも大切ですが、不必要に眉毛を抜いたり剃ったりするのはやめるようにしましょう。

適度な濃さにしたいならマユライズがピッタリ

「ずっと眉毛を抜いて整えていたせいか、太い眉にしたいのになかなか生えてこない」
「もともと眉毛が貧弱なため、ラインが作りづらくて困っている」
「眉毛が生まれつき薄く、これまでずっと書いてきた」

こんな人たちは、マユライズを使うことで眉毛の悩みから解放されるはずです。

マユライズには、毛乳頭にアプローチして眉毛の成長を助けるタンパク質や、真皮中のコラーゲンを増やす加水分解卵殻膜など、眉毛の育生に不可欠な成分が含まれています。細い眉毛を太い状態にするのにうってつけです。

「生まれつきの眉毛よりも、さらに太くしたい」
「今まで経験したことのない濃さにしたい」

ということなら、男性ホルモン配合の眉毛育毛剤を試してみるのがいいかもしれませんが、それにはリスクも伴います。

適度な濃さにしたいなら、マユライズのような眉毛美容液が最適です。

-マユライズ

Copyright© 『本当に効いた!マユライズの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.